Surface Pro 最大の武器 マイクロソフト純正キーボードの実力

Surface Proシリーズには、マイクロソフト純正キーボードが用意されている。別売になるが、これを装着することによってSurface Proの真の実力が発揮されると言っても過言でもないだろう。

 

Surface 純正キーボードのメリット

 

Surface Proシリーズの純正キーボードは、「2 in1」タイプのタブレットPCに付属するキーボードとは違い、カバーにもなる。最初から持ち歩くことを前提に作られているために、極限まで薄く軽くできており、本体を痛めるのを防ぐ役割も担っている。

 

また、Surface Proシリーズの純正キーボードはBluetooth接続ではなく、マグネットによる着脱式である。これによってBluetooth接続が途切れる心配はなくなり、簡単に取り外すことも可能になった。一度接続するとマグネットは非常に強力でキーボードだけを持ち上げても本体が落下することはない。

 

純正キーボードの「タイプカバー」は、キーストロークが浅いものの、ノートPCに近い打鍵感があり打ちやすい。キー配列にも癖がなく、モバイルキーボードにありがちな窮屈さもあまり感じられない。

 

「タッチカバー」は、「タイプカバー」のように打鍵感がなく、人によっては打ちにくい感がある。しかし、その分薄型・軽量化されており、持ち歩きしやすいという利点がある。

 

どちらを使うかは人によって好みが分かれるところだろう。